「処女=重い」は迷信?彼女が処女だった時の男の心理と本音

彼女が処女だった時、男の人はどう思うのか?

処女 男 どう思う

女の子が自分が処女だという事実を気にするのは、主に周りの人にどう思われるかが気になるからだと思います。

特に初めて男の人と付き合うことになった時なんかは、「いい年して処女だなんてバレたら、この人はどう思うだろう?」というのが漠然とした不安となって襲いかかってきますよね。

では実際に彼女が処女だった場合に男の人はどう感じるのか、男の人の心理や本音について調査しましたので記事にしたいと思います。


処女に対する男の心理と本音

男の心理と本音その1 「処女=重い」は迷信?

「処女は重いから嫌だ」「処女だってだけでドン引きする」みたいな意見を巷ではよく耳にしますよね。

確かにそう思う男の人もいるのかもしれません。

しかし、とあるインターネットアンケートでは好きな女性が処女だった場合に嬉しいと感じる人の割合が約80%もあったのだそうです。

私もこの記事を書くにあたって数名の男の友人に「ぶっちゃけ、付き合う子が処女だったらどう思う?」と聞いてみたところ次のような感じでした。

  • ラッキーだと思う。
  • 真面目な子なんだと好感が持てる。
  • お姫様みたいに大事に扱ってあげたい。
  • 夜のことを考えると、正直興奮する。

最後のはまあ色々とアレですが、概ね好意的な印象を抱いているようでしたね。

つまり「処女=重いから嫌だ」というのは少数派の意見なので、あまり気にする必要はなさそうです。

良かったですね、安心してください!

男の心理と本音その2 処女と非処女、結婚するならどっち?

これは結構意見が別れるところです。

やはりそういったアンケートの結果を調べてみたところ、約60%の人が「結婚するなら処女が良い」と答えたらしいです。

ただ逆に「自分が結婚するまで童貞でいられるか?」という問いには約90%の人が「無理」「捨てられるなら早く捨てたい」「結婚前に体の相性を確かめておくことは重要」のように答えたようです。

つまり、女の子には処女でいることを強制しておいて、男の人は自由にセックスがしたいと言っているのですね。

これはどう贔屓目に見ても自分勝手でわがままな意見ですので、真面目に合わせようとすると馬鹿を見るのでご注意ください。

男の心理と本音その3 30代で処女はアリ?それともナシ?

年齢については中々繊細な問題かと思います。

実際に処女のまま30歳を迎えてしまった方にとっては、まさに死活問題と言えるかもしれません。

こちらも「“男性経験2ケタの女子大生”or“処女の30代”どちらと付き合う?」という丁度良いアンケート(※残念ながら元記事は削除されました)がありまして、結果は処女の30代の方と付き合うと答えた方が約70%もいたんだそうです。

これは私も意外で、どうせ男なんて若い女が好きなんだからたとえビッチでも女子大生の圧勝だろうと思っていたのですが、どうやら思ったよりも30代処女に対する抵抗は少ないのだなと感じました。

ただし、これが40代となるとまた話は違ってくると思いますし、別のケースとして“処女の女子大生”vs“処女の30代”だったら確実に30代の惨敗ですので、やはり大切な人を見つけるなら早めに行動した方が良さそうです。

男の心理と本音その4 処女とのセックス、実際にどう思った?

男性の心理や本音を語るならやはりセックスは外せない話題です。

色々と調べてみると、最も多かったのが「彼女が痛がる(怖がる)からとても気を使った」という意見でした。

やはり初体験は女の子の側にある程度負担がかかりますので、それをフォローするのが大変だったという男性が多いみたいです。

ただ、それが男性にとっても負担だったかというと「別にそんなことは無い」「徐々に慣らしていけば良いと思う」などと前向きな意見が多かったですね。

ですので、もしあなたが初体験で彼氏に迷惑をかけてしまうかもしれないと不安になっているのでしたら、そんなことはありませんのでどうか安心してください。

優しい人ほど、処女という事実に対して大らかに接してくれます

最後に私の人生経験を元にお話しをさせていただくと、やはり優しい心を持った男性ほど、処女の女の子に対して「大丈夫だよ」とか「気にすることじゃないよ」と言ってくれる傾向にありますね。

逆に女の子を性欲解消のアイテムとしか考えていないクズ男ほど「処女なんて重い、面倒臭い」「処女はテクニックが無いから価値が無い」のような心ない言葉を浴びせてきます。

あなたなら、どちらが素敵な男性だと思いますか?

私は断然優しい人が素敵だと思います。

だって女の子はセックスがしたい訳じゃなくて、男の人にちゃんと愛して欲しい生き物ですもの。

素敵な人に愛されましょうね!

特別企画など

コメント、お問い合わせについて

本記事へのコメントや当サイトへのお問い合わせは、こちらの専用メールフォームからお願い致します。

なお、お返事は全てGmailよりさせていただきますので、携帯・スマホからご連絡いただいた方はメールフィルターの設定にご注意ください。

>> お問い合わせ専用メールフォーム

このページの先頭へ